レーシック後の視力維持は本人次第

レーシック後の視力維持は本人次第


レーシック後の視力維持は本人次第
レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。
思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。 レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。





レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:11 1 21

減量中でも
「ビールが飲みたい」とか
「ビールを飲まなきゃいけない機会」ってありますよね?

もちろん減量中は、
ビールを飲まないに越したことは無いですけど、
誘われたり、どうしても飲みたくなっちゃう時だってありますよね。
そんな時は仕方ありません、飲んじゃいましょう!

減量中のビールは
飲んだ後が大事です!

ビールを飲んだ後って、腹がすきませんか?
ついついとんこつラーメンやショートケーキなんかを
バカ食いしてしまいがち…ですが、
ここが減量の成功と失敗のわかれめ!

ビールを飲んだ後って
どうして腹がすくのかというと…
・アルコールの食欲促進作用
・飲酒に伴う体内の糖質減少
…という2つの理由が考えられます。

糖質が減ってる上に食欲が促進されちゃえば、
そりゃあとんこつラーメンやらショートケーキが欲しくなるのは
当然ですね。

しかし、ここはグッと我慢。
一気に減量挫折コースにいかないためにも
頑張りどころなんです。

どうしても何か食べたい人は、
油分を控えた穀類などなら食べてもOK。

具体的には、
お茶漬けやおにぎりなんかだったら一杯(一個)ぐらいなら、
ボーダーラインでセーフですね。

焼肉屋さんによくあるご飯類は、
考え方によってはOKって事になりますよね。

他にも
バナナや果物ジュースなんかも
腹持ちがいいのでアリです。

穀類やバナナなどは血糖値の上昇につながりやすく、
すぐに腹の空腹感も落ちつくので、
減量中にはありがたいですね。

ビールを飲んだ後だけじゃなくて、
毎日の食生活でも同じですよ!

減量中はビールは飲まないのがベストですが、
飲んでしまった後は、
こうしたフォローを上手にしてみましょう!


レーシック後の視力維持は本人次第

レーシック後の視力維持は本人次第

★メニュー

適性検査を受けてからレーシック
レーシックが原因でのドライアイ
老眼治療もレーシックにお任せください
乱視の悩みはレーシックで解決
レーシック後の視力維持は本人次第
レーシック選びに口コミサイトを活用
レーシックには保証制度もある
なんと交通費を貰えるクリニックもある
レーシックの紹介制度を有効活用
レーシックにおけるリスクを理解しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)眼鏡もコンタクトももう不要!レーシックガイド